年中無休の安心診療ご予約はWEBにて
0570-089-038
千葉県船橋市山手1-1-8

マイクロアレイ血液検査

マイクロアレイ血液検査とは

呼吸器内科のイメージ写真

がんに関わる遺伝子(RNA)の発現のパターンを解析することにより、採血のみで「膵臓」「胆道」「胃」「大腸」の4つのがんについて90%以上の精度で臓器を特定し発見する検査です。

お申し込みはこちら

がんについて

がんの罹患率と死亡数

がんは日本人の死因の第1位であり、「3人に1人」ががんで亡くなっており、「2人に1人」ががんにかかっています。誰にでも発症し得る病気です。
なかでも、消化器系のがんは死因の上位を占めています。また、 がんの発症数を部位別でみると、大腸がんが1位・胃がん2位です。
しかし、がんは不治の病ではありません。早期に発見・治療することで9割は完治するといわれています。

呼吸器内科のイメージ写真

早期発見が難しい膵臓がん・胆道がん

膵臓がんと胆道がんは、初期に症状がほとんど無いため早期発見が難しいとされています。
そのため、他の部位の「がん」と比べても生存率が低い「がん」です。
しかし、膵臓がん・胆道がんでも早期に発見・治療することで治癒率は向上します。
「がん」をより早く発見する事は、治癒率を高めるだけではなく、治療後のQOL(生活の質)を高めるためにも大変重要です。

呼吸器内科のイメージ写真

マイクロアレイ血液検査の原理

がんなどによる体の反応を遺伝子レベルで測定できる、マイクロアレイという新しい技術を利用し、がんの有無を判別しています。
体内では、日々がん細胞が発生していますが、免疫細胞の働きにより排除されています。また、免疫細胞が活動する際には、mRNAという物質により適切なタンパク質が作られます。
このmRNAは数万種類あることが知られており、がん細胞があるときには数千種類が特定のパターンで発現することが明らかになっています。

呼吸器内科のイメージ写真

マイクロアレイ血液検査の特徴

高い感度 9割の感度で消化器のがんを発見
簡単な検査方法 5.0ccの血液を採取するだけ
同時に検査できる 4つの消化器がんを同時に検査できる
安心の検査方法 X線の被ばくがありません

このような方へおすすめ

  • 内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)が苦手な方
  • 身内に消化器系のがんのいる方
  • がんに不安を感じている方

お申し込みはこちら

▲ PAGE TOP