年中無休の安心診療ご予約はWEBにて
0570-089-038
千葉県船橋市山手1-1-8

舌下免疫療法

アレルギー症状に対する舌下免疫療法

舌下免疫療法とは

アレルゲン免疫療法(減感作療法)の一種で、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を少しずつ体内に吸収させることで体質を改善させ、アレルギー反応を弱めていく治療法です。
現在、スギ花粉症とダニのアレルギー症状を根本的に治すことができる唯一の治療法です。
ただし、治療期間が3~5年と、根気のいる治療になります。治療については、ご相談ください。

舌下免疫療法と薬物療法の違い

薬物療法(対症療法)は、症状を起こす物質(ヒスタミンなど)の働きや鼻の中の炎症をおさえて症状を和らげます。アレルゲン免疫療法は、からだをアレルゲンに慣らして、症状を和らげたり、根本的な体質改善が期待できる治療法です。
スギ花粉症の場合はスギ花粉を、ダニアレルギー性鼻炎ではダニのアレルゲンを含む治療薬を用います。

対象者

  • スギ花粉症又はダニアレルギー性鼻炎などの診断が出ている方
    お子様でも治療可能です。詳しくは医師にご相談ください。

治療を受けられない方

下記については一例でございます。詳しくは医師にご相談ください。

  • 対象のアレルギー(スギ花粉症、ダニ)ではない方
  • 重い気管支喘息の方
  • 悪性腫瘍(がん)や免疫系の病気がある方

注意が必要な方

  • アレルゲンを使った治療や検査によってアレルギー症状をおこしたことがある方
  • 気管支喘息の方
  • 65歳以上の方
  • 妊婦の方、授乳中の方
  • 抜歯後や口の中の術後、または口の中に傷や炎症などがある方
  • 重症の心疾患、肺疾患及び高血圧症がある方
  • 他に服用中のおくすりがある方
    (非選択的β遮断薬、三環系抗うつ薬、モノアミンオキシダーゼ阻害薬<MAOIなど>)
  • 全身性ステロイド薬の投与を受けている方
  • 対象以外のアレルゲンに対しても反応性が高い方

注意点

  • 治療には3年~5年、毎日治療薬を飲み続けなくてはなりません。
  • 臨床試験の結果では、およそ20%の方には効果がありませんでした。
  • 重大な副作用が生じる可能性を否定できません。
    現在のところ、軽微な副作用のみ報告されています。万全の体制で初期の処置を行います。
    口の中の副作用(口内炎、舌の下の腫れ、口の中の腫れ)、喉のかゆみ、耳のかゆみ、頭痛などが報告されております。

参考ページ

https://www.torii-alg.jp/

▲ PAGE TOP